大興エステート

不動産用語集/沖縄県の土地建物の物件販売や土地開発を行います。

不動産用語集

不動産登記

所有者や場所や建物など権利関係を公的に明らかにする為、登記簿に登記する事を指します。

床面積

建築基準法、不動産登記法でそれぞれ床面積の定義が異なります。
土地に建っている建物を真上から見た時の床の面積を指します。

敷地面積

土地の敷地を真上から見た時の面積を指します。

2世帯住宅

例えば親と子供の世帯が住めるように予め設計した住宅を指します。ライフスタイルや家族の構成により多様なプランになります。

収益物件

自分が建てる物件を賃貸形式の住居にしたり商業店舗向けのテナントなどにして収益が行えるタイプの物件。

幅員

(ふくいん)道の幅を指します。

接道

建物を建てる際、敷地に接した道路がなければ建物を建てる事ができません。建築基準法では4M以上の幅の道路が2M以上設置している事が条件となります。

容積率

土地の敷地面積に対する建築する建物の面積の割合を指します。

建蔽率

(けんぺいりつ)
土地の面積に対してどのくらいの広さで建物が建てられるかを数値化したもの。

大興エステート
沖縄県宅地建物取引業協会 沖縄県知事(8)第2219号
〒904-0204 沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜364-2
電話:(代)098-956-4567
営業時間 9:00~17:00時まで
定休日:毎週日曜日
2020 © 大興エステート
ML Design